日々あれこれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国・慶州(キョンジュン)に行ってきました。

<<   作成日時 : 2004/12/14 00:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

気が付くと、更新もすっかりご無沙汰で^^;
12月になり、やはり人並みに気忙しい主婦な私です・爆。

気持に余裕がないと、着物を着るのも展覧会に行くのもご無沙汰で。
…てか、10.11月で十分見過ぎてるってば^^;

などと言いつつ、先週末の10日から12日まで韓国・慶州(キョンジュン)に行ってきました。

慶州は日本で言うと奈良のようなところで、新羅時代(BC.57〜935)の約千年間に渡って都の置かれた都市です。
特に7世紀から9世紀に掛けての統一新羅時代の建造物や美術工芸は素晴らしく、貴族芸術として韓国民族文化の精髄と言われてます。
…この辺りはガイドブックの受け売り^^;

一般の観光ツアーではなかったので、見て回ったところはちょっとマニアックですが、慶州市内の国立慶州博物館、大陵苑(天馬塚)、雁鴨池、芬皇寺、皇龍寺址などはしっかり押さえつつ、南山地域を中心に山歩きしてきました。

数えるほどしか海外に行ったことのない私にとって、今回の慶州はもうびっくりが多くて。
特に今までの海外ってほとんど1週間近くだったので、こんなにもあっさりと行って帰れるモノなのかというのが一番びっくり…なんかちょっと違?^^;
あと、海外に行くと必ず水や空気の違いをひしひし感じるのですが、この度はほとんど感じなくて。確かに日本とは違うのだけど、どこか馴染むものがあって。
食材も味付けもほとんど変わらないし、街中の色彩も目に馴染むモノがほとんど。足元の植生も違和感ないし…違うのは時折耳をかすめる言葉と目に留まる文字がハングルだということぐらいかな。
ま、町並みもちょっと違うのだけど、きっと3.40年ぐらい前の日本の地方だとこんな感じかな…って程度で。

言葉では上手くいえないけど、韓国って自分の根っこに繋がってるな…って本能が感じたのでした。
長らく日本では、韓国との文化的な繋がりを素直に認めてこなかったけど。でも、中国よりはなるかにその繋がりは濃く、強くて。

とても感覚的な印象だけを並べてますが。
今は、なんかそんな感覚的な事が頭の中であふれかえってる状態^^;

カルチャーショックを受けなかったのが、ショックで・笑

また、落ち着いたらおいおい見聞きしたことを具体的に書かなくちゃね。
書いておかないと、きっとそのうち記憶に埋もれてしまいそうなので。


慶州の観光案内はこちら
旅行に行く前にちゃんとここを見ておけば良かった^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そーなんだ〜

ワシ、李朝好きなんで新羅時代はよくわからんのだけど、ちょっと勉強してみようかなぁ〜^^

今の職場、韓国の人多いし、聞いてみよう。

あ、お久しぶりねw
yuki
2004/12/15 02:59
To yukiさん
お。。お久ぶりぃ〜♪
そっか、yukiさんも好きなモノあれこれだね・笑
大陸のおっきな懐に包まれてる韓国文化は、遙かに日本よりもおっきくて豊かで。
李朝と新羅時代がどう違うのか、良くわかんない私ですけど(爆)、根底に感じるモノはきっと馴染むモノだと思いますよ。

慌ただしい年末、お互い体調に気を付けて良いお年を迎えましょうね。
ちや
2004/12/17 20:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国・慶州(キョンジュン)に行ってきました。 日々あれこれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる