日々あれこれ

アクセスカウンタ

zoom RSS お茶会にて「若奥様」業^^; その1

<<   作成日時 : 2005/03/04 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

桃の節句の日、久々にお茶会で副業?「若奥様」してきました^^;

今回も義母のお社中が亭主を務める茶会。
なんだけど、秋の神社でのイベント的な野点とは異なり「格式ある系」。お茶歴は長い人なのですが、これほどのお茶会の亭主を務めるのは初めて(でもってきっと最後でしょう^^;)で、実質は義母があれこれと心配りして、そらもう、年が明けてからの義母の気合いの入り方、前日までのフットワークの軽さ^^;、当日の気力…もうどれをとっても自分が亭主を務める以上に力を注いでいて。。
嫁は跡を取るわけではないので、お声が掛かればお手伝いする程度ですが、端で見てるだけでも満78歳とは思えない義母の気炎にもう、気圧されてっぱなしでした^^;

ちょっとしたお茶会でも、お客様をお招きしておもてなしするにはそれ相応の準備がいるのは、「自宅での初釜」を読まれた方だと察していただけるかと。
これが、先生クラスの方を会員に持つお茶会になってくると、お菓子一つにしてもご時候を考え、見た目、味に気を配り、先に行われた茶会と被らない様な配慮をされたりして。
お道具ともなると、会記に記されるモノはほとんどが家元の花押入り、名のある人のお作になり、換金したらいくらになるねん…って感じ^^;
モノによっては茶碗1個数百万の世界。とはいえ、これは道具屋さんがお客に売る時の値段で、買い取られる時は3分の1以下ってのがなんとも…こういうお道具の世界ってモノ摩訶不思議で・苦笑。

また話が脱線^^;

もとい。。

前日は道具類を会場となる茶室に運んで、掃除やら支度やら。
今回お亭主を務めるお社中など数人と義母と私、あと「職方」と呼ばれる人がお手伝いに。

職方(しょっかた)…一般的には「職人さん」みたいな意味で使われますが、ここではお茶会の時に水屋方を専門に仕切って下さる人のことです。
普段は茶道具扱う骨董屋さんであったり、抹茶を扱うお茶屋さんですが、年間数十のお茶会に行かれてるので、手際の良さ、道具を見る目、顔の広さ…どれをとってもその辺のお茶の先生よりかは遙かに上をいってます。
当日お茶を点てて、下げられてきたお茶碗を洗うだけでなく、御棚や水差しなどの点前座周りのこと、炭をいこし釜を据えるなどの火周りのこと、お軸を掛けたり香合を仕込むなど床周りのこと…準備のときからお席全般に渡って整え、またお茶会が終わるとそれらを手入れして元の通りに片付けてくれるコトまでをしっかりとしてくれます。
お亭主が道具の取り合わせで悩む時には、職方に相談して決めるというのもしょっちゅう。
規模の大きなお茶会では欠かせない人で、名のあるお茶の先生でも一目置かれる人なんですよ。
華やかなお席からでは目立たないですが、ある意味お亭主以上に必要不可欠かも^^;

午後からの準備、大きなお道具はその職方さんが整えて下さるので、私は主に掃除や小物の茶碗などを箱から出して。
お亭主や義母は当日の段取りや、床の花を生けたり、事務方さんと打ち合わせしたり。
こういう大きなお茶室になってくると専属の事務員さんが毎日詰めておられるので、掃除も行き届いているし、お道具の支度は職方さんがしてくださるので、前日の準備はまぁホンの数時間。

「明日は皆さんお頼みしますなぁ…」の義母のご挨拶でこの日の準備はおわり。

…なんだけど、家に帰ったらまたあれこれと足りないモノを整えて、目に付いたコトをあれこれとしたためて、気になったことをあれこれとお亭主に電話で連絡して…と、義母は休まることもなく^^;

嫁は、心配以外はすることも無く…なんですよね。。

なんだかんだで、寝たのは11時前。


当日は4時半起き^^;

…ということで、これも連載?ものになっちゃいますね。。
書き出すと止まらないのが性分で・汗

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お茶会にて「若奥様」業^^; その1 日々あれこれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる