日々あれこれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大人の夏休み。。

<<   作成日時 : 2005/09/16 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8月一杯でようやく子供達の長い長い夏休みが終わり、ほっと一息付。
で、早速脱走?^^;を企てて9日〜11日まで上京してました。

今回は11日にオペラシティホールで開かれたコンサートがメインイベント。
それに合わせて、着物小物のウェブショップ竹蔵龍さんのお品をお茶飲みながら見せて頂きましょうイベント「お茶テン」参加と、あと上野を中心に展覧会三昧と、とても欲張りなスケジュールでした・笑。

感想はぼつぼつの予定…

は未定?^^;


取り敢えず見たものだけをざっとUPしておきます。


「プラート美術の至宝展」損保ジャパン東郷青児美術館
2005年9月10日(土)〜10月23日(日)


「ブラッサイ-ポンピドゥーセンター・コレクション展」東京都写真美術館
2005年8月6日(土)〜9月25日(日)


驚き!130年モノづくり物語」@東京国立科学博物館
2005年9月9日(金)〜11日(日)


「ルーブル美術館所蔵 古代エジプト展」東京都美術館
2005年8月2日(火)〜10月2日(日)


「ドレスデン国立美術館展-世界の鏡-」国立西洋美術館
2005年6月28日(火)〜9月19日(月)


「遣唐使と唐の美術」東京国立博物館
2005年7月20日(水)〜9月11日(日)


特別展「模写・模造の日本美術−うつす・まなぶ・つたえる−」東京国立博物館
2005年7月20日(水)〜9月11日(日)


「京の雅び・都の人々-琳派と京焼-」@出光美術館
2005年9月3日(土)〜10月30日(日)


ピアノリサイタル マルク=アンドレ・アムラン @ 東京オペラシティ
アルベニス:組曲「イベリア」全曲(第1−4集)




たまたま上京して知った企画として科学博の「驚き!130年モノづくり物語」、東博の「模写・模造の日本美術−うつす・まなぶ・つたえる−」の2つの企画。
どちらも終わってしまったのですが、とても良い内容でした^^

科博の企画はたった3日間なんだけど「東芝デー」と称して全ての人が入館料無料という太っ腹な企画。
「無料」という言葉に釣られて行ったんだけど、目一杯楽しめる内容でした。
企業を全面に出してる企画ってどうよ…と穿ってたけど、かなりヒット♪
国立の施設が独立行政法人化されて、それまででは考えられないような色んな工夫されてますよね。
こういう企業を全面に出した企画というのもその一環なんでしょうね。
東芝側としても、こういった企画を科博という場所で開けるというのは、恐らく3日間のスポンサー料を払ってでも決して高くはないモノで。
そそ、感じとしては万博の企業パビリオンって感じね。
もちろん、正統な理由(万年時計の復元事業)があって開催できたんだけど…科博も東芝も利用者も、みんながオイシイという優れた企画。
素晴らしい。。。

東博の企画も、わたし的にとても興味深くて。
改めて書こうと思ってますが、画期的な企画だったと思います。
また、夏休みに合わせた企画だったので、子供向けの体験コーナーが充実していて。
子供に限らず大人も楽しめて、よく考えられてるな〜と、感心しきり。
今までは、モノを並べて「勝手に見ておくれ」的な姿勢だったんだけど、何処も「啓蒙」という活動にも力入れ始めてますね。
特に将来の来館者を育てるという意味合いか、子供を意識した企画やコーナーに力入れていて。
かといってそういった専門のスタッフが増えるという訳でもないようなので^^;、現場の方々の負担はかなりのものかも。。。
わかりやすい実績として入館者数を伸ばす活動に力を注いで、コツコツと積み上げてこそ成果の得られる地道な研究活動が二の次になってしまうのでは…とちょっと気がかり。
欧米と比べると博物館のシステムが根本的に違うので、日本に合った運営に行き着くまでにかなりの労力と試行錯誤が必要で。。

ささやかだけど、折に触れて博物館や美術館に足を運んで応援しなくちゃね^^


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大人の夏休み。。 日々あれこれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる