日々あれこれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅草「長谷川商店」に行ってきました。

<<   作成日時 : 2006/05/20 02:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

気が付くとなんやかんやと手元に鼻緒が貯まっていたこの頃。
地元でもあれこれと気に入った台はないかと探していたのですが、なかなかで。
近場では、大阪・船場の履物屋「ちぐさ」さんが持ち込みOKで鼻緒をすげてくれたり、お誂えしてくれはるのですが、鼻緒も台もちょっと少ないかも…って、その辺のお店に比べたら多いのでしょうが、なまじ長谷川商店の事を知ってるとね^^;
他にも色々履物屋さんはあるのですけど、何よりお値段が折り合わなくて<慎ましやかな主婦・笑。

ということで、今回の上京ではわざわざ平日を選んで、浅草まで行ってきました。
卸しが本業の長谷川さんですが、一般の小売りOK、鼻緒の持ち込みもOK。
目の前で手慣れた職人さんが足に合わせてすげてくれるので、着物好きにとってはなんて極楽浄土なんだろうかと・笑。

いつも行き当たりばったりで適当に歩き回って目的の場所に行くのですが、今回はしっかり調べて迷わずまっしぐら・気合。


ガラスのドアを開けると…うわ。。。履き物だらけ。。
って、当たり前なんですが・笑。
あちこちでこのお店のことは見聞きしていたけど、それでも思わず「ぅわぁ…」となってしまうほど、履き物だらけ・笑。

お店の中には数組のお客さんが居られて…私がお店にいる間、お客さんが途絶えることがなくて・びっくり。

びっしり並べられた台やら鼻緒に思わず舞い上がってしまって、手元に鼻緒があるのも忘れて、あれこれと見て回ること暫く・笑。

ほんに色んな種類があるもんですよね。
お店の人に尋ねないとお値段判らないのがちょっと心配だけど、でもこれだけのお品に囲まれたら値段なんてどうでも良くなってしまい、とにかく気に入った一足を作りたい…そんな気持になってしまって。
慎ましやかな主婦はどこに行ったんだ?…ぉぃ^^;


取り敢えず今回は5本の鼻緒を持ち込んで、すげてもらいました。

画像まずは竹蔵龍謹製「灰桜」。
昨年関西お茶テンの際に実物を見て惚れてしまい、竹姐さんを我が家にお持ち帰りした際(笑)に衝動買いしてしまった鼻緒。
画像ではこの微妙な灰紫の加減がなかなか綺麗にでないんですが、そこはかとなく色っぽさが漂っているんですよ・惚。
この色っぽさはワタクシ的には草履以外にはあり得なくて、パール・グレーの小判にすげてもらいました。
普段、草履を履くことが多いので、きっと履き潰すほどに重宝しそうな一足に^^


画像二本目も竹蔵龍謹製「市松大島」。
男前の大島の鼻緒には、これはもう竹姐さんお薦め通りにカラスの野崎表に。
ここ最近、男前系コーデ?もするようになったので、これで足元もキリッと締まること間違いなし^^






画像あと、以前にさんから頂いていたバティックの鼻緒
この鼻緒も一目惚れ…って、なんて気の多いヤツなんだか・笑。
Lサイズ用の鼻緒だったところを無理言って譲って頂いた程に惚れた鼻緒。
昨今流行の太身の鼻緒からするとすっきり細身なんですが、そこがまた良くて。
趣味性の高い鎌倉彫りの台が良いな…と、あれこれ合わせていたのですが、ふと目に留まったのは黒地に細かい朱線の入った塗りの千両下駄。
確かに趣味性高くはあるけれど、ちょっと粋かな…と、激しく悩んで鎌倉彫りの台が置いてある辺りをウロウロ歩き回って悩んでいたら、お店の奥さんが相談に乗ってくれはって。
「そぉねぇ…」と勧めてくれたのが、やっぱり同じくあの塗りの千両下駄・笑。
合わせてみたら、とても映えて。
千両下駄なんて履いたこと無いのですが、この台に合わせてしまうと釜鎌倉彫りの台ではどうしても満足出来なくて・笑。

着物や帯はコンスタントに増える^^;のですが、履き物は履き潰すまで増えない私、この度一気に3足も増えれば、気分は一気にイメルダ夫人♪…って、たかだか3足で、幸せなヤツ^^;
いつどんな時にとは、まだ全然決まってないですけど、来るべきデビューの日が楽しみ♪

あと、手持ちの泥大島の生地で誂えてもらった鼻緒2本は、さっくりとした下駄に合わせてもらって、可愛いのと辛口なのと。
こちらは自分用ではなくて・謎笑。
画像画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
To かつさん
はは…^^;
ま、悪気無いとは思うのですが、コメント削除させてもらいましたm(_ _)m
何故だかピンと来て欲しいですが。。苦笑

探せば関西にも履き物道楽のお店あるはずなんでしょうがねぇ。。
あと、お金積めば、良い履き物は京都の方が多いかと思います。
けど、自分の身の丈にあったお値段で…というと今のところこの長谷川さんなんですよね。
どっちかというと京都は草履で、お江戸は下駄って感じなんでしょうかね?
見掛けないデザインとかは下駄に多いような気がして。
江戸ははやり粋ですよねぇ。。惚れ惚れ。。
ちや
2006/05/22 14:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
浅草「長谷川商店」に行ってきました。 日々あれこれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる