日々あれこれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 北の悪魔さんと、京都でお着物デート♪

<<   作成日時 : 2006/11/08 12:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
昨年の春にオークションでご縁を頂いた、竹蔵龍大好き着物好きさんの北の悪魔さん(北海道在住)が関西においでになるとのこと。
おデートのお誘い受けまして10/20に、秋の京都をご一緒させて頂きました^^


当日は、阪急・梅田で待ち合わせ。

なんしかテキト〜・アバウトなワタクシ。
直前まで暢気にしていて、待ち合わせなどもなかなか決められずにいて北の悪魔さんにご心配掛けたのでは…と大変に恐縮。

無事に会えるかな〜と、ドキドキしていましたら…

はんなり優しいお着物姿で、なんと、キャリーバックの上にもう一つ大きなリュックを乗せた大荷物を持ってやってこられた男前の北の悪魔さん!

お話を聞けば、所用で2週間以上あちこち巡られるとのこと。
その旅行の荷物を一式持ってのご登場なのでした・びっくり@@

まずは、ホテルに荷物を預けに…と、五条河原町へ。
阪急と地下鉄乗り継いで、駅からホテルまでは徒歩という道のり。
階段や段差目一杯で、キャリーバックとはいえ、ほんに大変。
どないしよぉ〜!とオロオロしてる私を横目に、「よしっ!」の気合いの一声で着物姿にリュックをひょいと担いで(それも片方の肩に掛けるのではなく、もう帯の上からしっかりと両肩にっ!)、スタスタ京の街中を歩いていく彼女。
さすがのワタクシも呆気にとられてしまったんだけど…でも、すっごく気持ち良い男前振りで^^

無事にホテルにチェックインし、早速烏丸で出て昼食を^^

…と思いきや、お目当ての食べ放題のおばんざい屋さん(万菜はせがわ)がなんと改装工事で休業中・涙。
急遽、近くのお蕎麦屋さんでのランチとなりました。

普段、観光で京都の街中を歩くなんてしないので、いざお客様をご案内というと、しっかり下調べしてからでないと出来なくて、アクシデントがあるとからっきしダメなんですよね・反省。。
食事にしても、普段はその辺のカフェ飯かデパ地下派なんで^^;
ほんに、手際の悪いことで恐縮でしたm(_ _)m


北海道にお住まいの北の悪魔さんですが、とても旅好きとのことで全国色んな所へ旅されていて。
私にとっては憧れの南の島・屋久島にも行ったことがあるとのこと!
京都も4回目とのこと…私以上にいろんな所行かれているご様子で、どこにご案内したものかと悩んでいて、結局は二条城へ。
京都きものパスポートを使うと無料で見れる♪と思っていたのですが、なんと期間限定(11/17〜26)で、この10月20日はまだ有料期間だったのでした・涙。

…なんか、もう案内人失格のワタクシで・大恐縮。。
ちなみに、北の悪魔さん、二条城も前においでになったことあったそうで・重ね重ね恐縮。。

そんな情けない私にも関わらず、始終にこやかに楽しい旅の話を交えつつ一緒にお付き合いくださった北の悪魔さん…本当にありがとうございましたm(_ _)m

この季節、京都は何処に行っても修学旅行生や観光客で一杯。
平日にも関わらず、二条城も人出が多く賑やかでした。

世界遺産にも登録されている、国宝・二条城。
徳川家康によって築城され…と、まぁこの辺興味ある方は検索掛けてくださいませ・笑。
個人的にはこの二の丸御殿を飾る狩野派の襖絵群に興味があって。
痛みの激しいオリジナルから、学術的・科学的検証を踏まえて模写作製事業が30年以上も前から行われています。
数年前にオリジナルと幾つか完成した模写と並べた展覧会が行われたんですよね。

城内では、オリジナルの部分と模写の部分。あと、作業中の部分などがあり。
時代を経たオリジナルが建具の現状で見れるのはとても貴重ですし、往時そのままの美しさを誇る復元模写は、日本建築における襖絵の効用を見事に再現していて。
…なんか、話が脱線^^;

画像御殿を見学した後は庭園を散策。
やっと思い出して、ココでぱちりと一枚記念撮影♪
…その時まで全然カメラに手が出ない私って、つくづくブロガーの資質に欠けるのでした・苦笑。
ちなみに、せっかくカメラを持っていってたのに、この日撮影したのは全部でたったの2枚・爆。

当日の彼女のお着物は、白大島風の柄の入った優しいお着物に、木立の柄がアップリケされた帯。簪と帯留・根付けはしっかり竹蔵龍さんのお品^^ …象牙の賽子根付けに、思わずヨダレが・笑。
はんなりと優しいコーデの襟元には、以前扱っていた私の大のお気に入りの矢絣柄の半襟を添えてくださっていて^^
こんな風に、大切に使って頂けているのを実際に見させて頂くと本当にじぃ〜んとしますよね。
嫁いだお品との再会もさることながら、こんな風に細やかなお気遣いを見せて下さる北の悪魔さんにも、じぃ〜ん♪

二条城からは徒歩で移動。

前々から憧れの場所だった紫織庵へと行きました。

噂には聞いてましたけど、もう着物好きに取っては天国というか地獄というか・笑。
昔の趣ある町屋そのものも美しく見応えありますし、目を見張る襦袢や帯、着物、小物…もう言葉では言い尽くせないくらい素敵なお品ばかり。
「うわ〜」「きゃぁ〜」「おぉ〜」と、もう悲鳴とも溜息とも付かないような声ばかりが零れてしまって・笑。

手入れの行き届いた素敵な建物に、夢のように美しい素敵なお品。
それ以上に、こちらに居られるスタッフの方々の細やかな心遣いが素晴らしくて^^
着物パスポート、北の悪魔さんはPCよりDLしたもの、私は持っていなかったのですが、受付の方が気を利かせ下さって2人ともにお店に備えてあったパスポートを下さって。
あと、庵の中を一回りしてきて洋間を見学していたら、「せっかくですのでこちらでお写真撮らせて頂きます」と声を掛けてくださって。この日2枚目にして最後の写真がTOPの写真です^^

いつかはこの紫織庵でお誂えなど出来たらなぁ〜と、壮大な夢を持ってしまいました。
うぅ〜ん。。。麻雀牌柄の襦袢が欲しかったぁぁぁぁ。。。。

京都においでになった際は、ぜひこの紫織庵へ行かれることをお薦めします!


身も心もすっかり大正ロマンに染まってしまい・笑、外に出た頃にはもう日も西に傾いていて。
室町に近い界隈、色々と素敵な和モノのお店があり、途中「くろちく」を覗いたりしながら四条烏丸までをそぞろ歩き。

あっという間の、一日でした^^


十分なご案内出来ずで本当に恐縮だったのですが、でも、私としては北の悪魔さんとご一緒させて頂けてとても素敵な一日でした。

言葉足らずでもどかしいのですけどね…

北海道育ちの色白のはんなりとした綺麗な方。。
でも、見た目の柔和さからは想像付かないほど、ガッツあふれるしっかりした方なんです。
お互い着物好きなので、お着物話も沢山させて頂いたのですが、それ以上に心に響いたのは、旅行のお話など彼女が見聞きした事柄で。
私よりもお若いのですけど、芯の通った眼差しや考え方は、思わずハッと目を見開かれるほど素敵で^^

大きな眼差しを持って、広い心で物事を捉えて行動されている北の悪魔さん。
きっとこれから先も、沢山の人に笑顔のサプライズを届けてくださることと思います。

お会いできて、楽しかったと言う以上に、嬉しくて。
機会がありましたら、またぜひご一緒させて頂ければと思います。

次回は、もっとデートコース練っておきますんで♪
どうも素敵な一日をありがとうございました!



こんなにも記事が遅くなってしまってm(_ _)m

このところ、ズルズルベッタン状態・大汗。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北の悪魔さんと、京都でお着物デート♪ 日々あれこれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる