日々あれこれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 南無阿弥陀仏。。

<<   作成日時 : 2007/01/14 00:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 
土曜の午後、ぽっかり時間が空いたので、久々に旦那様と2人で大阪・箕面方面へドライブ。
お目当てはハーゲンダッツの直営店・笑。

それなりに車は混んでいたけど、夫婦二人でデートなんて久々で、二人ともすごくご機嫌でした♪


…が、、

あと、10分ほどで目的地と言うところで、旦那様に急な仕事が飛び込んで・苦笑。
滅多にないデートだったのに、滅多にない(恐らくこんな事は生涯に一度きりだとおもう^^;)仕事で、年明け早々なんだかなぁ…。。
急ぎだったので、私も一緒に付き合うことになりました。(自宅まで送ってもらう余裕なかったのね^^;)


仕事の現場には旦那様一人で向かわれて、私は車の中で待つことに。。


20分ほど過ぎてだんだん退屈してきた私。。

ふと、斜め前に停められていた車のガラスにぽっかりと丸い雲が映って居るのが目に止まって。
四角いガラスの右端下の方から、ゆっくりゆっくりと上ってくるように見えてきて…ぼんやり眺めていたんだけど、ふと人の顔のように見えて。。
アンパンマンに出てくるジャムおじさんのような丸い鼻に肉付き良い頬で、穏やかな表情の顔をした雲。

「そっかぁ。。」

と、自分でもよくわからないけど、何かに納得してね。
ごく自然に手を合わせて「南無阿弥陀仏」と、ずっとお念仏を唱えていました。
目は、ずっとその雲を追いながら。。

雲はゆっくりと形…というか表情を変えながら前の車のガラスを左上の方へと流れていって。
途中、気になったのでガラス写っている雲の実物を確かめようと、身を乗り出して空を見たけど、山のすぐ傍だったのであまり空が見渡せず、結局オリジナルの雲は見つけられず。

ガラスに映った雲は、やがて二つに分かれて、最後は人が歩いて空に上っていく行くような形になって薄れていきました。

雲が消えた頃、旦那様からメールが入り、全てを納得した私。


車から降りて、山道を少し下って自動販売機から暖かい缶のお茶を買って、旦那様の居る山の上の現場へと行きました。
きっと「彼」は熱いお茶が飲みたいだろうな、と思ったので。。

暖かい缶のお茶を抱えて山道を登っていく途中、眼下には北摂のまばゆい夜景が広がっていて。
もう少し留まっていれば、この夜景を眺めながら空へと上って行けたのにな…。
でも、空に上れば、毎日この夜景が見れるよね。。



2007年1月13日17時10分。。
昨年8月末からその場所で一人寂しく横たわっていた方が、警察の人によって発見されました。
まさにその時間、私はやっと安堵して空へと上って行かれるその方の魂を見送ったのだと思います。

…って、特定の宗教を信じているワケでもないし、超常現象に興味があるワケでもないけど。
でも、その雲を見たときの気持は、うまく言葉では言えないけど、とにかく敬虔なモノが満ちていて。

亡くなった方を弔う言葉に「南無阿弥陀仏」が必ずしも適当かどうかはわからないけど。
その時、自然と口から出てきた言葉は「南無阿弥陀仏」。

持っていったお茶は「鑑識の妨げになるから」とのことで残念ながら傍には供えてもらえませんでした。
少し離れた場所で開けてお供えさせてもらったけどね。。




勘の良い人は、この記事読まれただけで、ピンと来られたかと思います。
私の口からは、これ以上詳しいことは言えないけど…ね。
ちなみに、旦那様や私は当事者ではないので^^;
旦那様の仕事柄、たまたま関わりがあったというだけで。

でもって、たまたまのその依頼が飛び込んできたのが、たまたまの夫婦のデート時で…なぜか私も付き合うことになって。

幾つかの「たまたま」が重なって今回のことに関わりを持ってしまったのですが、事の詳細についてはあれこれと語る気はなくて。

ただ、あの瞬間にあの雲を見送った事が、ひどく心に刻み込まれています。
霊感なんてこれっぽっちもない私ですし、信心も全然だけど…
それでも、この出来事は単なる「目の錯覚」だけでは片付けられなくて。
だって、時間までほぼぴったり一致してたんだもん。。


人にはやっぱり魂があって、それは心残りがあると空に上ってゆけないものなんだと。




南無阿弥陀仏。。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
袖すりあうも・・・

縁かもしれませんね。
yuki
2007/01/14 23:44
To yukiさん
うん…これも何かのご縁、、ですよね。
信心のカケラもない私ですが^^;、さすがにこの件を笑って終わらせる気になれなくて、お仏壇のお膳を作るついでに、もう一膳お供えをさせて頂くようにしました。
自分自身の気持ちが納得するまで続けさせてもらおうと思っています。
ちや
2007/01/16 20:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
南無阿弥陀仏。。 日々あれこれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる