日々あれこれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2007.02.10 出版記念パーチーの着物

<<   作成日時 : 2007/02/25 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

かんなり時間が経ってしまいましたけど、竹蔵龍さんの「着物コモノ」本出版記念パーチーで着た着物のことを。。

画像着物は、自作・茶系縞柄
帯は、唐織・白地に菊尽くし
半襟は、別珍・焦げ茶
帯留は、竹蔵龍・水面
帯揚は、縮緬・水色
帯締は、三分紐・水色
羽織は、アンティーク・目眩まし縞に唐獅子
羽織紐は、竹蔵龍・黒髪水晶
簪は、竹蔵龍・豆簪の賽子
草履は、竹蔵龍・灰桜の鼻緒

この時のスケジュールは1泊2日だったので、もう迷う余地なく着物で通すことに。
毎度、歩き回る上京、今回も最低3つは展覧会を観る予定だったので、足回りが汚れても気にならない着物…ということで、自作の茶縞。
さっくりした着物なので、これで普通の染め帯するとそのまんま普段着^^;
一応お目出度くて晴れやかなお席なので、帯は一張羅の白地の唐織にして格を添えることに。
菊びっしりなので季節的には外れてるんですが、吉祥柄ですのでお祝いの席にはOK。
この組み合わせで行くと、半襟もピシッと塩瀬の白で決めたかったんですが…これが合わせてみると襟だけが浮いてしまって・汗。
手持ちの色々をひっぱり出して合わせてみるも、なんかバランス取れないんですよね。
で、いっそのことハズしてしまえ〜っと別珍の、それもダークな焦げ茶にすると、何となくしゃれっぽく納まりましたです。

こじつけな分析ですが、格の高い帯と半襟に挟まれると、普段チックの着物の貧相さが変に目立つ、からなんでしょうかね?
半襟をカジュアル・ダウンすることで、帯だけを目立たせるコーデで納めてしまいましたです。

でも、やはり雰囲気のあるパーティー会場では、キラキラ系や光沢系のものが素敵で。
皆様のお着物コーデも、華のあるキラキラ系や光沢系をほんに上手に取り入れられてました。
特に半襟は、多く方がレースを用いられていて^^…って、手前味噌になって恐縮なんですけど・汗。
フォーマルな雰囲気を損なわずに、遊びココロを加えたコーデでは、レースの豪華さ華やかさが、ほんに良く映えるというのを実感しました。
当のワタクシが地味に別珍にしてしまったのは、やはりちと悔しかったです・本音。。笑。

画像帯留は、帯の菊尽くしから「菊に流水」のイメージで竹蔵龍さんの水面を。
名品と歌われてますが、ほんにどんな帯にもしっかりと主張して映える良いお品です^^
この日、雨鹿茶房さんも同じく水面を付けておられて、仲良く「水面シスターズ」♪
でも、同じお品でも、違った魅力を出していて…小物使いってほんに楽しいですよね。

東京は寒いかな…と思ったのですが、気温を調べてみると自宅界隈と変わらぬ暖かさ。
荷物は少ないに越したことのない着物の旅なので、コートではなく羽織を着て行きました。
…ほんと、これは大正解。
この日は東京の方でさえ「特に暖かい日」で、日中街中を歩き回っているとうっすら汗をかくほど。
暖冬をつくづく実感しましたです。

気が付くと、今年は別珍のコートやロング丈のコートを着ずじまい。
暖かな冬も過ごしやすくて嬉しいですけど、寒い時期だけに楽しめるお洒落もあるので、季節相応が一番かも。。


着物で旅行も、もうすっかり慣れてきたこの頃。
聞けば、お着物好きの方は着物だけで旅行に行かれる方が結構おられるんですよね。
皆さん、それなりに手抜き着付けや荷物減らしのワザをお持ちで、パーチーのお席でも幾つか話題になって。
ワタクシも、嘘つき袖を安全ピンで留めてるのを告白して、お席を盛り上げるのに一役買いましたです。
…てか、わざわざ袖をまくり上げて見せるからやろ〜っ。。^^;


記事を書いてると、またあれこれと思い出すこともあり。。
改めて、楽しいパーチーだったとしみじみです^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
菊に流水〜素敵な合わせですね!とても粋な感じだけど
落ち着いた感じがあって、うっとり〜(*^_^*)
ぼよ
2007/03/02 23:15
To ぼよさん
すっかりレス付けるのを忘れてましてご免なさいですっ・大恐縮m(_ _)m

最近、枯れてきたのか?^^;、シンプルな着物+華やか帯コーデというのが多くなってきたかも、、です。
和服の「年相応」っていうのは今ひとつピンと来ませんけど、年齢と共に好みが変わって行くのはここ最近つくづく感じます。
特に、こうしてブログで記録を残してると、ほんに良く判りますよね。
ちや
2007/04/01 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
2007.02.10 出版記念パーチーの着物 日々あれこれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる