日々あれこれ

アクセスカウンタ

zoom RSS きもの日和 -霜月その2-

<<   作成日時 : 2004/11/06 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
11月3日に着た着物のことを。

各地でこの日に合わせて色んな文化的な行事が行われた事と思いますが、お茶会などもこの時期多いですよね。
ということで、私もその一端を担ってきました(笑)。
この度のお茶会は、七五三のお参りで賑わっている神社の境内での野点でした。

でもね、このお茶会、義母がお亭主を務めるものでは無くて。
義母のお社中(と言っても先代のおばあ様からのお社中で御年83歳^^;)がお亭主。人出が足らないからと、大先生(義母)が水屋を仕切り、その嫁もお運びなどを手伝わせて頂くという、ちょっとびみょぉ〜な立場の若奥様業でしで^^;
出来て当然、知ってて当然、粗相は無くて当たり前…。
気合い入れてお勤めさせて頂きました^^;。

着物は、ちりめん地の深みのあるピンクの紋付き色無地
帯は、波文様の袋帯
帯締は、綸子の鶸色
帯締は、唐組の淡い鶸色

前回の若奥様業の時に着ていた色無地は淡いピンク。こちらは嫁いでくる時に持ってきたもので、深みのあるピンク。画像見比べると、色の違いがあまり出てないけど・汗。
なので、こちらの着物は炉の季節に。淡い方は風炉の時期にと使い分けてます。見た目で季節感を出すのもお客様への気配りかと思うので。

私の場合、実家から持ってきた着物には実家の紋が入ってますが、何故かこの着物を着てるとお社中方に「あら、紋が違いますね?」と言われてしまって・汗。で、嫁ぐ時に持ってきたもので…と説明するとあまり納得しない様子で「そぉなんですかぁ」と・大汗。地方によって色々風習があるようで一概にはなんとも言えないけど、紋くらい何だっていいぢゃん…今時ぃ。ぶつぶつ。
…とはさすがに言えないけど^^;

帯は嫁いでから義母が誂えてくれたもの。
ピンクと水色・金糸が品良く織り込まれており、華やかさもあり、けど華美でも無く。袋帯にありがちなごわごわ感が無く、しゅっと締め易いのでお茶席に出る時にはこの帯を締めることが多いです。
お茶席で沢山の着物姿を見てる義母、誂えてくれる物はいつも重宝する物が多く、やはり目が肥えてるのでしょうね。


朝の9時から夕方4時前までお客様は途切れること無く来て下さり、350人程の方が野点を楽しんで下さりました。
10月末からぐずぐずして当日のお天気も心配でしたが、一日暖かで穏やかなお天気に恵まれ、お亭主のお人柄に恵まれ、客様にも恵まれ、何とか粗相無くお勤めさせて頂きました。

けど、さすがに足は怠くて・苦笑。
着物も裾回りは薄汚れ、足元はもう駄目駄目状態^^;

お上品に歩いてたつもりなんだけどなぁ…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 この帯素敵〜♪ 良い柄ですね。ピンクの無地も良いです。私もこの色に似た道行を持っていました。
>母って大変 
 そうそう・・・今日も偏頭痛なのに御飯の支度!バフアリン飲んでも治らない〜ってこんな時間にネットしてる母(苦笑)晩秋だね・・・菊の香りがむせかえるよう。
花を愛でるそんな余裕も欲しいね。
あまおと
2004/11/08 18:19
嫁入り道具の着物って、こういうピンクのモノが定番のようですよね。
応用が利くので重宝なんでしょうね。

ネットは気晴らしのネタ♪時にバファリンよりも良く効くかも…と言う私^^;
季節の変わり目は、身体も心も振れやすい時期。
頑張らないで行こうね。
ちや
2004/11/11 00:21
こんばんは
 今週はとても疲れた週でした。週末は編物でもして過ごそうかと思います。
 肩が凝らない程度でね・・・(笑)
あまおと
2004/11/12 23:45
編み物出来る人、憧れ♪
実はお裁縫関係が今一センス無い私で・汗。
うん、肩が凝らない程度に素敵なの編んでね。
雨が降った後、急に寒くなってきましたよね。
暖かくして、夜更かし楽しんでね。。
ちや
2004/11/13 23:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
きもの日和 -霜月その2- 日々あれこれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる