日々あれこれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅での初釜 −その6(最終回) 初釜当日・お点心後−

<<   作成日時 : 2005/02/04 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
篭に盛った食後の蜜柑が出たあと暫くお客様方のご歓談が続き、その間私は残り物をつまみつつ(笑)、台所中に散乱してる洗い物、食材、残り物などを片付けます。
自分用のスペシャルお雑煮(料理方の特権♪具山盛りの汁だく・笑)を作ったりなんかして・笑。
でも、ゆっくり食べる間もなく、お席の方から食器が下げられてきて、あたふた^^;

気が付くと2時過ぎ。
お客様方は「初稽古」のお薄を始められるとのこと。
私はお雑煮を立ち食い^^;しながら使われた食器の片付けに。お茶事でもそうですが、裏方というのもお客様が帰られる頃には片付け終わる、というのが良いそうで。
お薄一席の間に何処まで片付くか?もうひと踏ん張り。

漆器類はぬるま湯と手でそっと洗います。下げられてきた食器内側にすぐぬるま湯を張り、汚れをふやかしておくのがコツ。
湯を張った桶の中に付けておくのは、NGかな。漆器同士が湯の中とはいえ当たると痛みの原因になるし、なにぶん古いモノなので縁や角は漆が剥げてる部分があり、そこから水が木地に入り込むとこれも痛みの原因になるので。
それまで料理を一面広げたたテーブルに、今度は使い終わった食器に湯を張ったモノがずらっと並びます。
全部湯を張り終わる頃には、最初に湯を張った漆器の汚れが良い加減にふやけてるのでぼつぼつと洗い始めて。

弁当箱以外は油モノ使ってないので、汚れさえ柔らかくなってたら楽勝。
張られた湯を捨て、洗い桶の湯を少し入れて汚れを指でこすって落とし湯を捨て、また洗い桶の湯をすくってすすぐのを2度ほどして、それでOK。お水も大事に使わないとね。。
5.6個洗ったら綺麗なタオルで拭き上げて。場所の関係で一気に洗っても奥く場所が無くてこまめに拭いて重ね置き・苦笑。
食器洗うのは一人よりも二人の方が楽…と言うのをしみじみ味わったのでした・・溜息。それでもお席のお薄が終わるよりも先に洗い終わり、ほっと一息。
使った食器はすぐに箱に仕舞わず、風通しの良い場所で数日乾かします。

嘘みたいに片付いちゃった台所を見て、何となく寂しいような、でも満足なような・笑。
時計を見れば、まだ3時半。
例年、子供達は2日ほど前から実家に預けてるので、迎えに行くのに料理の余り物をお重箱に詰めて持っていきます。…が、今年は夕方に旦那様と一緒にスキーから帰ってくるので、残り物はお重に詰めずにお皿に盛ることに。

大皿2つにおかずが山盛り。で、デザートのお皿1つ。
結構な量が残るのですよね。。決して分量を誤ってる訳では無くて^^;。
形が崩れやすいモノ、切り落として良いところだけ使うもの…どうしても見た目重視のお料理だから、見込みを入れてロスが多いのですよ。日本料理って、結構勿体ないかも。。
でも、こうするとお弁当よりも見栄えして美味しそう…って、自画自賛^^; 

もう少しで盛り終わるかな、という頃にお席でザワザワと声が聞こえ始めると、そろそろ私が唯一お席に出る出番。
最後に皆様揃ってお床の前で記念撮影するのですが、そのカメラマンでした・笑。
ここで初めて、今年のお客様全員のお顔を拝見して、一通りのご挨拶を。

今年も皆様素敵な笑顔でパシャリと一枚。にこり。

4時頃、三々五々帰ってゆかれます。
嫁は戸口のところでお見送り。
今年も無事、皆様に喜んでいただけた様子、めでたしめでたし。。。ほぉ〜。。


盛り掛けのお料理を仕上げ、空いた入れ物を洗って、冷蔵庫の中を整理して、スキーでクタクタになってるだろう子供と旦那様達の晩ご飯の支度が出来たら…そうそう、途中から余裕無くなってほとんど写真撮ってなかったのを思い出して^^;

お席の様子も撮ってなかったので、カメラもってあちことパシャパシャと・笑。
カメラの限界で、やかり陽が明るい内でないと綺麗に写らないのですよね、残念。


5時前、無事に旦那様と子供達が元気に帰ってきて、一気に賑やか。
スキーのお土産話を聞きながら「豪華な残り物」で久々に家族揃っての晩ご飯。
私はもう気持ち的にお腹一杯で、ほとんど食べれなかったんだけど、ね。。

長い一日、無事に終わって、皆さんに喜んで頂けて…疲れ果てたけど今年も無事に初釜を終えることが出来て何よりでした。。やれやれ。。

何より長い文章にお付き合い下さった人、ご苦労様です。。^^


(画像は残り物の料理を盛り合わせたもの)


この度の初釜のアルバムはこちら。。


蛇足。。
お席のお道具類は翌日からぼつぼつ片付け、楽焼等のお茶碗は1週間ほど風を通した後、箱に仕舞います。
準備は時間が限られてるけど、片付けはまったり・ゆっくり。笑。

…でもって、未だにお正月用のお薄茶碗が出たままになってるってどういうことぉ〜?^^;
もう2月、筒茶碗など厳冬期の道具立てにせなあかんのに。。大汗

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはよ〜。やっと初釜の最終回ですね。ご苦労様でした。ともすれば嫌になってしまいそうなお勤めも、「楽しみながらする」という気持ちがあれば良い時間を過ごせるのですね。お料理の中のねじり蒟蒻(私はこう呼んでるけど・・)小さな頃はお祭りなどの煮物の定番で、大好きでした。懐かしい・・・わ。
 核家族で過ごす我が家、季節の行事なども疎く育ちつつある我が子・・・拝見させていただいて、ちやさんとこのお子様は良い経験をされているなと羨ましく感じました。
 何はともあれ・・・お疲れ様でした。先週着物を着た人を沢山見ました。一緒に居た方と初釜なのかな・・・と話していました。
あまおと
2005/02/05 08:47
嫁いでからの恒例行事、避けられないのなら楽しんじゃおうってかんじかな?^^;
ねじり蒟蒻、そうそうこれ私も子供の頃の特別な日の定番でした♪で、私も特別な日にしか作らなくて・笑。
子供にとってはあまりご馳走とは思ってもらえないけど、大人になって良さがわかってくれたらな…と思ってます。結構、我が家って変わった家だもんね^^;

このところインフルエンザが流行っていて。
どぞ、お体ご自愛してくださいね。
ちや
2005/02/08 10:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅での初釜 −その6(最終回) 初釜当日・お点心後− 日々あれこれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる