日々あれこれ

アクセスカウンタ

zoom RSS エンドウ豆の翡翠煮♪

<<   作成日時 : 2005/05/19 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今年もやっとこのエンドウ豆の季節が到来。

この「食べる緑の宝石」が届くと、毎年似たような記事を書いてますけど^^;
…でも、書かずにはいられない、この美味しさ♪

この辺りでは、4月の半ばには店先に並んでいたように思うけど。
路地物は、筍がそろそろ終わろうかという5月の始め頃から出回ります。

毎年、エンドウ豆の初物はお隣の畑から届けられて。


エンドウ豆の美味しい頂き方は沢山あると思うのですが、我が家ではまず翡翠煮で。

その日の朝に摘まれたものは、少し実の入りが足りないかな…といった感じで、お店で売られてる物より一回り小振り。。
瑞々しさのあるサヤをもぎゅっと開くと、これまたちょっと小粒な、でも、なんとも言えない優しい緑の豆が綺麗に並んでいて。
乱暴に扱うとすぐに傷が付くので、そっと指の腹で撫でるように取り出して。

で、たっぷりと湧かしたお湯にさっと通して。

今度はひたひたにお水を張った鍋に入れ、塩ひとつまみ、お砂糖適当・笑。
紙蓋をして静かに煮てゆきます。

煮てゆくうちに、豆の色は鮮やかに濃く、そして何処か透き通った様になってきて…目の覚めるような翡翠色に。。

加減見に一粒二粒口に入れて…これがなかな美味しくて、つい三粒四粒、五粒…と、ついついつまみ食いになるのねん・笑。

十分に柔らかくなったら、サッと葛をひいて。

程良いとろみがついたら火から下ろし、鍋底を氷水に浸けて、すぐに冷まして出来上がり。。


とろっとした葛に色艶がさらに際立って、ほんに宝石みたい。
食べるのが勿体ない…と、心にもないことを言いながら(笑)、一匙すくって口に入れると…


ぅんまいっ♪


…ワタクシ、グルメ評論家じゃないので、これ以上の言葉が出てきませんです・笑。。


お隣からいだだく少し若い露地物は、舌で軽く押すだけでホロっと崩れて、とても滑らか。
薄皮なんて口の中に残らないです^^

こんな豆さん本来の柔らかくて優しい味を覚えてしまったら、お店で売られてあるエンドウ豆では翡翠煮作れませんってば・笑。
逆にこんな柔らかい豆さんで豆ご飯炊くと、ご飯混ぜるときに潰れちゃうので向かないのですよね。


今年は何度この翡翠煮が食卓に上るのでしょうか。。



追伸。。

この記事、実は5月の連休中に下書きしてたもの。
今の時期となってはエンドウ豆の出始めにはちょっと遅れた感じかも^^;
この後2度ほど翡翠煮を作って頂きした。
皮がしっかりしてくると、卵とじや豆ご飯ですよね〜。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エンドウ豆の翡翠煮♪ 日々あれこれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる