日々あれこれ

アクセスカウンタ

zoom RSS きもの日和 −長月 その1−

<<   作成日時 : 2005/09/17 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
9月10日・竹蔵龍「お茶テン」に参加した時に着た着物のことを。
正面画像は竹蔵龍さんから頂きました。ありがとうございます^^

この夏もやっぱり6月の。。以来浴衣すら着ずについに9月になってしまって・苦笑。
まだまだ残暑厳しいご時候でしたが、張り切って着物一式背負って出掛けて、本格的に着物日和再開となりました。
お茶テンが着物始めって、幸先良いですよね^^

着物は、会津木綿・青地に細縞
帯は、綿絽・七宝花紋
半襟は、ポリエステル・オーガンジーの格子柄
帯揚は、半襟と同じ
帯締は、平組・青から白の暈かし
帯留は、竹蔵龍・七宝亀甲


昨年9月にも、この着物と帯の組み合わせで着てますね〜・笑。
夏の透けモノはお茶で着る着物以外、普段着系のモノはほとんど持ってなくて^^;
で、帯も気軽に締められるモノといえばほんの数本。
ということで、変化付けるというと小物に走るんですよね。

青×赤の七宝繋ぎの派手な柄行の帯。
今までだとそんなところに帯留なんて、うるさくなり過ぎてとてもじゃないけど持ってくるなんて思いつかなかったのですが…
もう帯留付けるのが習慣になってるもんで(笑)、あれこれと見繕って決めたのがこの七宝亀甲。
アンティークの部類に入るお品で、こんな綿絽に合わせるのはいかがなモノかと思うでしょうが。。

私も初めはカジュアル系の帯留をと考えてたのですが、実際にカジュアル同士を合わせるとどちらもがチープに成り下がってしまって・汗。
…いえ、もともと綿絽の帯は気軽なお品なんですがぁ・笑。

ぱっと明るい帯に、こういった重みのある帯留を置くと不思議とキュッと締まって。

帯はこの帯留に重さをもらって品が出て、帯留はその派手な色を映してより鮮やかになり…と、お互い主張した部分をお互いが上手に取り込んでほんに良い感じに。
…毎度、自画自賛・笑。

柔らかモノ+袋帯+七宝亀甲と思ってましたが、こういった崩した着こなしにも良く映えてくれます。
時代を背負ったお品のなせるワザでしょうか。
私には分不相応かな…と思いながらも手に入れてしまったお品ですが、とても使える予感^^


あと、足元は橘さんの鼻緒で仕立てたパナマの草履^^
着物が無地感覚なので、足元からちらちら覗く水引きの鼻緒はとても可愛くて。
お茶テンでわざわざ脱いで皆さんに見せびらかして^^;
…わざわざ脱がんでもええっちゅうねん。。ーー;


この時期、残暑厳しく…でも、着物の時期としては単衣モノで、皆さんどういったものを着るかと悩まれてた様子。
一般的には9月上旬は絽など盛夏の着物・帯。
中旬からは透けない単衣物に透け感の少ない?絽や紗の帯と言われてますが。。
んなもん昔のお約束。。
着てる本人が気持ち良くて、なおかつ見た目にも気持ち良ければそれがベストな着こなしだと思うのでした。
この時期に着物を着る方なら、それは一番よくわかりますよね^^

8名の方が集まっての華やかなお茶テン、皆さんそれぞれその方の個性に似合った着こなしをされていて、さすがだな…と思いました。
恐らく30代からの方が集まってたと思うのですが、そういった世代になってくるとご自分の雰囲気を良くご存じなんですよね。
言い方変えると冒険しなくなるともいうのでしょうが、それがゆえに意欲的に小物を取り入れて
大きく雰囲気を損なわずに、きらりとセンスを光らせるのでしょうね。

私の七宝亀甲もそうですし(自分で言うなっての^^;)、市松を付けられたNさんなどはもう劇的に輝いてました・惚。
あと、竹姐さんのあの帯にモダンな帯留を小粒にぴりっと光らせるワザもさすが・感心。


スタイルや顔立ちで、どうしても着物の似合う似合わないはあるもの。
それを知って、生かして、帯や小物を上手に取り入れるって楽しみ方が出来る着物…楽しみは尽きないですよね^^




…なんか、偉そうに語ってしまってますが^^;
かるくぅ〜く読み流しておくんなさいませ。

着物日和は自分の防備録的に書いてるんで、自己満足・自意識過剰の塊で・大汗。

 m(_ _)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
きもの日和 −長月 その1− 日々あれこれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる