日々あれこれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Y's Wind Orchestra 特別演奏会2006」に行ってきました^^

<<   作成日時 : 2006/03/02 01:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

Y's Wind Orchestra…と聞いても、きっとぴんと来られる方は関係者以外ではいないでしょうね^^;

現在プロ指揮者として活躍されている横島勝人さんという方がおられます。
…リンク貼って良いのかどうかわかんないので、興味ある方はググッてくださいませ^^;

この横島さん、我が高校の吹奏楽部の先輩で長らくクラブの指導をして下さったり、地元の管楽団の指揮をされていたりと、とても熱心にみんなの面倒をみてくれていて。
で、この度その横島先輩を慕って有志が集まり、演奏会を開こうじゃないの♪となって結成したのがこのY's Wind Orchestraです。
幾人かは助っ人としてセミプロの方?も入って頂いてましたが、多くは社会人や学生さんなどアマチュアです。


「Y's Wind Orchestra 特別演奏会2006」 @ 現代劇場大ホール(2006.01.29)


 プログラム

  一部 
   「旧友」  T.タイケ
   「マッカーサーパーク」  J.ウェップ
   「オペラ座の怪人」  A.L.ウェーバー
   「吹奏楽のための組曲 第一番 変ホ長調 作品28-1」  G.ホルスト

  二部
   序曲「春の猟犬」  A.リード
   「イルミナッシオン −若き日への蜃気楼−」  保科洋
   「アルメニアンダンス パート1」  A.リード




高校卒業してから、吹奏楽関係にはずっと不義理してきた私。
この度は珍しく、裏方にてお手伝いをさせて頂きました。
…といっても、当日ふらぁ〜っと行って、パンフレット配って帰ってきただけなんですけどね^^;

結局ホール内に入って聴くことは無かったのですが、スピーカーから流れてくる音をロビーで聴きながら、あぁこの曲のここ部分、確か指が回らなくて結局吹けず終いだったんだよなぁ…とか。
あの時この部分でこんな事が…とか。。

くるくると止めどなく思い出されて、止まらなくて、止まらなくて。
プログラム中、4曲は自分も過去にこの横島先輩の指揮で演奏したことがあったので、特に気持が振られたのかもね。
きっと、ホール内で聴いてたら、泣いてただろうな…
流れていった時間が、余りにも愛おしくて。。

音楽は目に見える形のモノではないけれど、それがゆえに心の中に深く刻まれるモノで。


思うところありすぎて、すぐには記事が書けなかった私。
本当はこのままスルーしてしまおうかと思ってたんだけど。。
でも、この演奏会に出演していた中でブログ持ってる人達は次々と素敵な記事をUPしていて、それを読ませてもらうと、なんか胸一杯になっちゃって…。

みんな色んな想いを持って、出演したんだなって。
日々追われるように流れて行く毎日に、舞い込んできた演奏会の話。
こうして盛大な演奏会に行き着くまでに、十人十色の並々ならぬ苦労や努力があったと思います。

高校生の頃とは違い、みんなそれぞれに社会人になっていて、色んな立場になっているから。
仕事持っているのは当たり前(主婦だって私は立派な仕事だと思ってます)で、家族持って、夫・妻であり、父親・母親であり、婿・嫁であり。

楽団でずっと続けている人にとっても、やはりここまで楽器を手放さずに続けているその努力は計り知れないモノがあるだろうし。
この演奏会の為に思い立って楽器を手にした人にとっても、ブランクを思うと不安があっただろうし、何より練習時間の都合を付けるあれこれには並々ならぬ努力が要っただろうし。

その大変さは、どの方のブログを読んでもひしひしと感じられて。

でも、みんなで舞台に立って演奏会を開けたことは、そんな大変さを全て消化して、それ以上の充足感が溢れていて。。

2時間ほどの演奏会だったけど、そこに集められたみんなの想いは、とても大きな花を咲かせて素敵でした。。


60人以上が集まった盛大な打ち上げ。

高校卒業していつの間にか18年?
半年先のことすら想像付かずに、日々目一杯駆け抜けていたお年頃の男の子と女の子達は、それぞれに流れた月日を背負って、良いおじさん・おばさんに・笑。

横島先輩は、ニコニコと笑顔を振りまいて自らお酒注ぎに回られていて。
プロとして活躍されているにもかかわらず、偉そうに振る舞うこともなくてね。
以前と変わらず、心の根の優しい人で、柔らかい人です^^

そして、私もちっとも成長することなく、こんな大人になったんだな…と・苦笑。

それぞれに違う世界で生きていても、こうして吹奏楽という繋がりで集まってこれるって、思えばすごい事だよね。
色んな人の色んな話を聞いて、また自分の話も色々して、とても楽しい打ち上げでした^^

とても懐かしくて嬉しい一時だったけど、でも、それと同じくらい疲れ果ててしまって・苦笑。
少し早めに打ち上げをお暇して、一人スタバでお茶飲んでました…根暗なヤツ^^;

目を閉じても、眩しい舞台に居並ぶみんなの姿が焼き付いていて
耳を塞いでも、絡み合う楽器の音色がこびりついていて。


大学に行ってから、ほんの数ヶ月で吹奏楽から離れた私。
そこに置いてきた想いは、まだ誰にも話せなくて。
ただ、今でも音楽聴くのは大好きだし、耳は音を拾うことが出来るし。
何かの折にこうして懐かしい仲間に会えるのもとても嬉しくて。


吹奏楽を通して出会った人や学んだ事は、とても大切な宝物です。



この先、再び楽器を持つことは考えられないけど、でも機会があれば、またこうして何かのお手伝いをして、この大切な繋がりを暖められたらな…と。。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
「ちやちゃんはスルーなんだろうな」って思ってた!^^

そんな風に想ってくれてたんやね。
私、読みながら目頭がじわーって。
演奏者としてはすごい嬉しいことやわぁ。
観に来てくれた同期の一人も「みんなが舞台で頑張ってるのを見て、何か始めようかなって勇気が出た」って言ってくれて、それだけ身内には影響力のある演奏会だったんだなって。
出てる本人は自分の演奏でいっぱいいっぱいだったんだけどね。(苦笑)

でも、本当に出てよかったと思うよ。
私ら世代って、何かやろうって思ってもなかなか手が出せなかったりするやん?
だけど、やろうと思ったらやれるんや!親に迷惑掛けても謝ったら済むんや(笑)みたいな。
うん。出演者の私らにも、この演奏会が何かのきっかけになればいいな。^^

打ち上げ、楽しかったねー!!
スタバ行ってたん!?
つか、ごめん、私、ちやちゃんがお帰りになったの全然気が付かなくて・・。(大汗)
A嬢もK嬢もF嬢もT村も気が付いたらいなかったの・・。
何やってたんだ???(@_@)

宝物、大切にしていこうね!!(^O^)
miyan
2006/03/02 23:47
あ!
K嬢は一緒に帰ったんだった!!m(__)m
miyan
2006/03/02 23:50
大人になってから木管やっとけば良かったと痛切に感じたことが何度もありました。ジャズに傾倒してからはなおさら。
やはり指が10本あるってのは偉大なことなんですねー。笑

さてさて、お誕生日の祝辞を申し上げにまいったので、ここで一筆。

  梅苔て なお新しき 風吹かむ   ちや様 かつ
かつ
2006/03/03 10:44
To miyan
ほんにスルーしようかと思ってたんだけどねぇ^^;
バンドも頑張ってるmiyan見てると、なんか書きたくなって。
あとAちゃんもピアノ始めたって言うしね。

舞台出た子も出なかった子も、みんなそれぞれに感じるところが多くて、すごく良い演奏会だったよね。
横島先輩の指揮で、演奏も自己満足に終わらない良い内容だったし。
一番多感な頃に打ち込んだ吹奏楽…しみじみぃぃぃ。。

そそ、ああいう場で先にお暇するときはこそぉ〜っと出ていくんよ^^;
気にせんの・笑。
周りが気にならへんほど楽しく飲めた、ということで良いコトっす^^
ちや
2006/03/06 00:15
To かつさん
大人になってからでも、好きならいつでも何でも始められますです^^
そそ、人の指ってたったの10本ですが、その可能性は限りなく未知数ですよね。
何もかもがこの指、手から生み出されたモノで。。

しっかり覚えて下さっていてありがとうございます^^
格好良く返歌を…と行きたいところですがぁ。。^^;

m(_ _)m
ちや
2006/03/06 00:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
「Y's Wind Orchestra 特別演奏会2006」に行ってきました^^ 日々あれこれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる