日々あれこれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006.06.11に着た着物のことを。。

<<   作成日時 : 2006/06/12 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

地元でイベントの一環として、お義母さんがお亭主を務めて気軽なお茶席を設ける事になり、私も着物着てお手伝いすることに。

画像着物は、シルック、付下げ?、古典柄
帯は、正絹・紗、撫子柄袋帯
半襟は、ポリ、絽
帯揚は、絽縮緬、輪出し
帯締は、レース編み


暦の上ではまだ単衣、お茶席での着物は結構厳密に拘るのですが…
なぜか単衣のお茶席用の色無地が行方不明^^;で、慌てて引っ張り出したのがこの着物。

お茶会で一日動いていると夏の着物は一度着ただけですごく汚れるからと、お義母さんが洗える着物を誂えてくれはりました。
誂えてもらった割には背中心がかなり右にずれてますが、結婚当時からすると5キロ以上痩せたんですよね^^;

正絹の絽の色無地も1枚誂えてもらってますが、滅多に着ないかも…やっぱものすごく汗をかくので手入れが大変で。
多分、単衣の色無地も丸洗いに出してそのままどっかに仕舞い込んで行方不明になったに違いない…探さなくちゃ・汗。

画像帯は実家の母が結婚後に持たせてくれたもの。
結婚してから数年は、お茶会の度に着物を誂えてくれるお義母さんに気を遣ってか(?^^;)着物を誂えてもらったら、実家の母は帯を。コートを誂えてもらったらショールを…と言った具合にタダでは済ませない実家の母でした^^;
その辺、「嫁の実家」としてのびみょ〜なメンツがあったのかなぁ、なんて思ってみたり。

ちなみにお義母さんは、お茶お花の先生とはいえ、とても大らか(大雑把ともいうかも^^;)なので、私の持ってきた着物が気に入らなくてあれこれと誂えてくれてるという風ではなくて。
曰く「茶会の度に着物で肩身の狭い思いするのはつまらんからなぁ…点前が出来へんで肩身狭い思いするのは精進してもらわんとあかんけどな」と。
最後の一言もしっかり忘れないお義母さん・笑。
モノの無い時代に嫁いできて、それでもおばあさんについてあちこちのお茶会に「嫁」として働いてきたお義母さん、私以上に色んな苦労があったんだと思います。
お陰様でお気楽な嫁させてもらってる私、もうちょっと精進せなあかんと反省。。
…でも、跡は継がないよ〜ん^^;


もとい。。

ということで、真面目に若奥様コーデで一日お勤めさせて頂きました。
お茶会そのものは、ホールや会議室などがある大きな建物のエントランスの一角を区切ってしつらえた簡易の会場。
お点前は立礼、テーブルとイスでお茶とお菓子を楽しんで頂くというとてもカジュアルなお茶席。
古参のお社中さんを中心に、大きな粗相もなくご盛会でした^^

ただ、古参のお社中方もいつの間にか平均年齢65歳越えになり、皆さん体が動かなくなってきはったんだなぁ〜、としみじみ。
口は以前にも増して良く動くんだけどねーー;

ということで、相変わらず下働きに励む若奥様なのでした・笑。

この日は着替える場所がなく、後片付けも着物の上に割烹着引っ掛けただけ。
箱に直した御園棚(判る人には判る・笑)を台車に積み上げて、ガラガラ押して。
ガバッと足を踏ん張って軽トラの荷台に積み上げる姿は、自分でも惚れ惚れするほど男前だったと思いますです^^;




今日になって着物確かめてみたら、やっぱり上前の裾辺りに筋状の黒い汚れが数本。

ま、、男前の勲章さっ。。




…と、自慢してないで、洗わねば。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
よ、働きモンw

梅雨時の鬱陶しさも忘れる目の覚めるような爽やかさですな。
中身も着物同様かどうかはおいといて(w)、弁えた嫁でお姑さんもさぞかし幸せモンかと思います。あ、旦那かwww
yuki
2006/06/13 01:18
To yikiさん
ほほっ。。働き者の良き嫁だことさ♪
てかね、お義母さんももう80歳。
嫁姑って鼻息荒くする境地を通り過ぎてしまっております・笑。

着物は見た目勝負。
そそ、だから中身はさておきなのよ♪
…って、ぉぃ、、思わず同意してしまったぢゃん。。爆
ちや
2006/06/14 23:12
こんにちは。
素敵な着物ですね〜〜。
シルックは洗えるから、男前なお仕事しても大丈夫なんですね。
ポリエステルってちょっと抵抗あるんですけど、いい素材のポリエステルだったらがさがさしないのかな。
三冬
2006/06/20 22:47
お久しぶりです。
綺麗なお着物姿・・・惚れ惚れします。
この着物は地色は、薄桃色?白?
これから暑い季節洗える着物は重宝しますね。
ぼよ
2006/07/01 17:16
To 三冬さん
コメントありがとうございます…ってはるか昔になってしまってますが・恐縮。
ポリ素材…絹に比べると重く暑いですが、シルックなど高級素材ですと、多少は違いますよね。
あからさまにばりばりってことは無いですよ。
仕事着としての着物は、やはりお手入れ重視になってしまいますよね^^;
ちや
2006/08/03 02:13
To ぼよさん
お返事が1ヶ月以上も空いてしまって、済みませんです。
夏場の着物は、お手入れ楽が必須ですよね。
この着物は地色はうす桃色です^^
画像、イマイチ色の再現がなってませんけど・汗。
淡い色目ですが、それでも夏場のピンクってあまり涼しげではなくて。
夏らしい寒色系のポリ着物が欲しいこの頃です。。
ちや
2006/08/03 02:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
2006.06.11に着た着物のことを。。 日々あれこれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる